本文へスキップ

頭痛・腰痛・ヘルニア・膝の痛みなら 岐阜市の長良ファミリーカイロプラクティック

ご予約・お問い合わせTEL.058-215-6305

〒500-8002 岐阜県岐阜市御手洗390-31

症例の紹介しCASE STUDY

お皿が持てない!肩の痛みと腰痛 30代 男性 飲食店

飲食店で勤務しており、長い間肩の痛みと腰痛に悩まされていました。接骨院でマッサージを受けていましたが、その接骨院の先生からは「ずっと通い続けないと治らないよ」と言われ、「本当にそうなのかな?」と疑問を感じていた。肩は職場でお客さんが食べ終わったお皿を下げる時にお皿を持っただけでも激しく痛むようになって、仕事にも支障が出るようになってしまった。厨房にも立つので、立って居る時間が長く、腰の痛みもつらい。近くにカイロプラクティックが出来たので、本当に接骨院に通い続けなければいけないのかどうかも聞いてみたかったので来院してみたとのことでした。

検査の結果、整形学検査によって右肩の肩峰下滑液包炎が、関節の検査で腰椎の関節機能の低下、腰部の深部の筋肉の機能低下があることがわかりました。肩にある鎖骨と肩甲骨でできている関節の上部を「肩峰」といいますが、その下には肩を安定させるための筋肉の一つ、棘上筋が通過しています。腕の動作の時にこの棘上筋と関節がぶつからない様にクッションの役割をしているのが、「肩峰下滑液包」です。この患者さんの場合は、その部分での摩擦が原因で炎症が起きていることが疑われました。

治療は右肩の筋肉の調整と、関節をつなげている靭帯のリリースを行い、また腰椎の関節はアジャストメントによって関節の機能改善を行いました。

治療後は肩の痛み、腰痛ともに大きく改善し、「まるで自分の体じゃないみたい」と驚かれていました。
その後は症状の再発を予防するために、肩のストレッチと、腰の深部の筋肉のエクササイズを指導しました。2週間後に来院された際には、腰痛は少しだけありましたが、再度トレーニングを復習して、今は自宅で自分でエクササイズをして予防できるようになりました。


<清水院長のコメント>
肩の痛みの原因となっていた「肩峰下滑液包炎」は、繰り返し腕を長時間使う方に起こりやすい症状で、主にはスポーツ選手なども同様の症状を発症することがあります。炎症を引き起こす周囲の解剖学的な構造の調節で大きく症状を改善することが可能です。また、長時間立つことが必要な方は体幹の筋肉を使えるようにエクササイズをすると腰痛の予防が効果的にできます。鍛える必要はありません、使い方を覚えればよいのです。長良ファミリーカイロプラクティックでは、症状に合わせて治療後の自宅でのエクササイズも指導しています。

生活に支障をきたしてしまうような肩の痛み、腰痛でお悩みの方は、岐阜のWHO国際基準、長良ファミリーカイロプラクティックにぜひ一度ご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらまで 
058-215-6305 お気軽にどうぞ。

長良ファミリー       カイロプラクティック
(English Consultation
Available)
長良ファミリーカイロプラクティック

〒500-8002
岐阜県岐阜市御手洗390-31
TEL 058-215-6305


日本カイロプラクターズ協会
日本カイロプラクターズ協会認定オフィス

       新着情報!








カイロってなに

症状

カイロ症例

患者さんの声



完全予約制
まずはお電話でお気軽に
お問い合わせください

電話
058-215-6305


<営業時間>
午前 :09:30〜12:00
午後 :14:00〜19:00
(土曜日は17:00まで)
休診日:月曜・日曜・祝日
時間外も対応できます。
 ご相談ください。



サイトマップ

リンク