本文へスキップ

頭痛・腰痛・ヘルニア・膝の痛みなら 岐阜市の長良ファミリーカイロプラクティック

ご予約・お問い合わせTEL.058-215-6305

〒500-8002 岐阜県岐阜市御手洗390-31

症例の紹介cASE STUDY

出産後から起こったお尻の痺れと鼠径部の痛み 31歳 主婦

出産して5か月。 
初産で自然分娩でしたが、13時間のやや長めの出産でした。出産後からお尻の右側に痺れが出始め、かなり強い痺れが出ていました。今でも右のお尻は感覚が鈍く、ふとした時に痺れが出ています。
また、骨盤の前面の鼠径部に左右ともにツーンとした痛みがあり、こちらの痛みも産後から続いている状態です。産後は骨盤ベルトをしていましたが、ベルトをしていると足の痺れが辛かったため、1か月もせずにベルト着用はやめました。これらの症状は朝の起床時が特に辛く、起きてから鏡を見ると自分の腰が右側に逃げていて体が歪んでいるのがよく分かります。今回は母の紹介で長良ファミリーカイロプラクティックを受診することになりました。

検査の結果、痺れの出ている右側の仙腸関節、仙骨ともに関節の機能に問題があることが分かりました。通常、仙腸関節では骨盤の外側にある腸骨と真ん中にある仙骨には運動の連鎖があり、腸骨が前に傾くと仙骨は後ろに、また、腸骨が後ろに傾くと仙骨は前に傾く働きをしますが、この患者さんの場合はその関節の運動連鎖が無くなり、腸骨と仙骨の両方が同時に後方に傾いたまま固まっている状態でした。さらに、もう一つの骨盤の関節である恥骨結合にも問題がありました。また、下肢の筋力検査では左右ともに骨盤を支える筋肉が筋力低下を起していました。

施術ではこの骨盤の関節運動の不全を解消するためのカイロプラクティックアジャストメントを中心に行いました。また、背骨にも数か所神経関節機能が低下している箇所があったため同時にアジャストメントを行いました。施術後は自宅でできる骨盤の機能を整える骨盤体操を指導しました。
一週間後の2度目の来院時にはお尻の右側の痺れはほぼ無くなり、鼠径部の痛みも無かったとのことでした。再度骨盤の調節を中心に行い、また育児中の肩こりもあったため頸部や肩周りの施術も同時に行いました。3週間後の3回目のご来院時には症状は完全に無くなっており、朝起きた時の体の歪みも感じなくなり骨盤回りがスッキリしているとのことでしたので、骨盤と脊柱の全体的な調節をして施術を終了しました。


<清水院長のコメント>
こちらの患者さんは出産に13時間とかなり長めの分娩であったこともあり、骨盤帯やお体への負担は比較的大きかったのではないかと思われます。マタニティー・小児カイロの観点から言えば、2~3時間の短い分娩時間や10時間を超える長い分娩時間の場合、産後のお母さんの骨盤帯の問題や、出産時に胎児に掛かる負荷の影響で、生まれてきた赤ちゃんの神経関節機能の問題が起きやすい傾向があります。

出産直後から症状が出始め、5か月が経過しても自然に症状が改善傾向になく大変つらい思いをされていらしたと思います。大きな問題の一つは仙腸関節における腸骨と仙骨の関節の運動連鎖の消失でした。どちらか一方が前、または後ろに傾いたままというのはよくあるケースですが、今回のように腸骨・仙骨の両方がともに後ろ側に傾いたまま関節機能が失われるのは珍しく、私の経験上ではこういった場合は症状は重く、また長く慢性的なのが特徴的です。今回は2度の施術でほぼ完全に症状が無くなった良いケースでしたが、指導した骨盤体操をしっかりと自宅でもされていた事も功を奏したのだと思います。

出産後に起こった腰痛や骨盤、恥骨や鼠径部周囲の症状でお悩みの方は、ぜひ一度長良ファミリーカイロプラクティックにご相談ください。施術の後もしっかりと良い状態をキープできるよう、ご自宅での骨盤体操も丁寧に指導します。

ご予約・お問い合わせは 
058-215-6305 お気軽にご相談ください。

長良ファミリー       カイロプラクティック
(English Consultation
Available)
長良ファミリーカイロプラクティック

〒500-8002
岐阜県岐阜市御手洗390-31
TEL 058-215-6305


日本カイロプラクターズ協会
日本カイロプラクターズ協会認定オフィス

       新着情報!








カイロってなに

症状

カイロ症例

患者さんの声



完全予約制
まずはお電話でお気軽に
お問い合わせください

電話
058-215-6305


<営業時間>
午前 :09:30〜12:00
午後 :14:00〜19:00
(土曜日は17:00まで)
休診日:月曜・日曜・祝日
時間外も対応できます。
 ご相談ください。



サイトマップ

リンク