本文へスキップ

頭痛・腰痛・ヘルニア・膝の痛みなら 岐阜市の長良ファミリーカイロプラクティック

ご予約・お問い合わせTEL.058-215-6305

〒500-8002 岐阜県岐阜市御手洗390-31

症例の紹介CASE STUDY

職場の会議中に始まった足の痺れ 40代 女性 会社員

先日、職場での長い会議の途中で、左足が臀部から太ももの裏、ふくらはぎ周辺にまで渡って痺れる感覚に襲われた。今までこのような症状を経験したことがなく不安になり、カイロプラクティックを受診した。

神経学検査や整形学検査の結果、ヘルニアや座骨神経痛の問題ではないことがわかった。骨盤の左側の仙骨と腸骨をつないでいる仙腸関節の機能が障害されており、圧痛も確認できたため、骨盤の問題による症状と判断して治療を行った。

仙腸関節の調節直後から痺れは無くなり、その後自宅でできる骨盤のエクササイズを指導した。3週間後に再度来院された時には症状の再発もなく良好とのことで、それ以降は3週間に1度の頻度でメンテナンスの治療を行っている。


<清水院長のコメント>
足の痺れといえば「ヘルニア」や「脊柱管狭窄」、「梨状筋症候群」など、考えられる疾患は様々です。しかし、今回の患者さんの痺れの原因は「仙腸関節」にありました。仙骨と腸骨をつないでいる骨盤の関節が機能不全をきたすと、座骨神経痛に似た痺れた感覚が臀部からふくらはぎ周辺まで広がる症状が出ることがあります。これは「仙腸関節症候群」と言われ、神経の問題ではなく、関節機能の障害から起こるものです。一般には関節機能の改善で症状が治まります。重度のヘルニアや脊柱管狭窄では、直腸膀胱傷害や間欠跛行などの症状も現れるますが、検査によって判別が可能です。

足のしびれや痛みでお困りの方、もしかするとそれは関節の問題かもしれませんぜひ一度、岐阜のWHO国際基準、長良ファミリーカイロプラクティックにご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら 
058-215-6305 お待ちしています。

長良ファミリー       カイロプラクティック
(English Consultation
Available)
長良ファミリーカイロプラクティック

〒500-8002
岐阜県岐阜市御手洗390-31
TEL 058-215-6305


日本カイロプラクターズ協会
日本カイロプラクターズ協会認定オフィス

       新着情報!








カイロってなに

症状

カイロ症例

患者さんの声



完全予約制
まずはお電話でお気軽に
お問い合わせください

電話
058-215-6305


<営業時間>
午前 :09:30〜12:00
午後 :14:00〜19:00
(土曜日は17:00まで)
休診日:月曜・日曜・祝日
時間外も対応できます。
 ご相談ください。



サイトマップ

リンク