本文へスキップ

頭痛・腰痛・ヘルニア・膝の痛みなら 岐阜市の長良ファミリーカイロプラクティック

ご予約・お問い合わせTEL.058-215-6305

〒500-8002 岐阜県岐阜市御手洗390-31

症例の紹介CASE STUDY

脊柱管狭窄 ぎっくり腰と左膝の痛み 40代 男性 ライター 

昨年の12月から6週間海外に滞在して帰国してから左ひざの内側が痛み、まともに歩けない状態が3週間ほど続いていた。古傷があり、整形外科でのMRI検査で膝の内側半月板が損傷していることがわかった。現在は痛みは徐々にひき始めている。また、膝の痛みと同時に何度もぎっくり腰を繰り返した。同様にMRIで検査した結果、腰椎の3か所で脊柱管狭窄が起こっていることが分かった。整形外科で膝の半月板の手術と、脊柱管狭窄の手術をするよう勧められたが、医師からの説明も少なく、本当に手術が必要なのか判断がつかないため、治療もかねてアドバイスが惜しいと思い来院した。

検査の結果、下肢の左右バランスの崩れがあり、左側ばかりに負荷がかかる状態なのがわかりました。左ひざの痛みは改善傾向で炎症は見られませんでした。腰の神経学検査や整形学検査を行ったところ、脊柱管狭窄による症状は見当たりませんでした。MRIの画像検査では脊柱管狭窄は認められましたが、それが原因となって起こっている症状ではないことが明らかであったため、構造的に狭窄はあっても機能的に問題がないと判断しました。

治療は神経的な機能のバランス調節によって下肢の左右バランスを整えるとともに、ぎっくり腰の原因となったと考えられる腰部の深部の筋肉の機能を回復させました。今後の予防のため、下肢および腰の体操を指導しました。治療後は症状の再発は無く、それ以後定期的に週1回のペースで3度来院、その後は必要に応じて2〜3週間に1度のペースで来院されています。症状も無くなったため、結果的にこの患者さんは膝も脊柱管狭窄も手術をしないことになりました。


<清水院長のコメント>
膝の半月板そのものには痛みを受容する神経はありません。しかし損傷が起こると周囲に恩賞が起こり、その炎症が膝周りの神経を刺激するために痛みが起こります炎症が治まり、その後の膝への負荷の軽減と安定性を確保すると、将来的に症状の再発予防をすることが出来ます。

脊柱管狭窄やヘルニアそのものは、腰痛の原因になることはありません足の痺れ、直腸膀胱傷害、間欠跛行(歩行時に下肢の痛みで、休まなければ歩けなくなる)などが代表的な兆候で、神経学・整形学検査によってそれらが現れなければ、MRIなどの画像上に問題があっても、それが何ら機能的に問題がない場合があります。その場合は手術よりも、自宅で簡単にできる運動によって腰部の安定性を確保することで、狭窄症の進行を防ぐと同時に、ぎっくり腰も予防できます。膝や腰の手術は、時として体に大きな負担をかけ、しかもその効果は100%保障されているわけではありません。手術に今いち踏み切れない、手術以外に他の方法はないかを模索してみたいと思われる方は、是非一度、岐阜のWHO国際基準、長良ファミリーカイロプラクティックにご相談ください。手術をする必要が無いのなら、それが一番です。

ご予約・お問い合わせはこちらへ 
058-215-6305 今すぐご連絡ください

長良ファミリー       カイロプラクティック
(English Consultation
Available)
長良ファミリーカイロプラクティック

〒500-8002
岐阜県岐阜市御手洗390-31
TEL 058-215-6305


日本カイロプラクターズ協会
日本カイロプラクターズ協会認定オフィス

       新着情報!








カイロってなに

症状

カイロ症例

患者さんの声



完全予約制
まずはお電話でお気軽に
お問い合わせください

電話
058-215-6305


<営業時間>
午前 :09:30〜12:00
午後 :14:00〜19:00
(土曜日は17:00まで)
休診日:月曜・日曜・祝日
時間外も対応できます。
 ご相談ください。



サイトマップ

リンク